≪風のヨーガ≫
『黄金の華の秘密』による音楽

販売価格 3,200円(税237円)
購入数


■すべてが素晴らしくなる音楽『風のヨーガ』は、ヨーガ実践者を聖なる世界へ同通させるためのヨーガ・カリキュラムを開示し、瞑想の深まりと共に、体験芸術を通じて魂の向上を果たすための音楽です。『黄金の華の秘密』などに代表される東洋錬金術のテキストの解明に功績を遺したユング心理学に則して、悟りの境涯に応じた風の修練をヒーリングします。  

舞島杏香 ヨーガ監修  /  アーサナ写真と解説付き
千億祥也 作曲&演奏  /  シンセサイザーによる音楽


●●●●●●●●●●●●●●●●●
                    

ジャンル : クラシック(神秘音楽)      
発売国 : 日本
メディア : 音楽CD              
レーベル : ライフサラダ
発売日 : 2006年12月24日          
商品番号 : SCDA1138
組み枚数 : 1                
収録時間 : 64分

録音情報 : 2006年、夢生活C.C. 第1スタジオにてデジタル録音
出荷目安 : 在庫あり(48時間以内に出荷致します)送料と代引き手数料は不要!

注意事項 : 神秘音楽のCDの複製は、瞑想効果を著しく損なうため、販売店サイトでの45秒以内の試聴を除いて、インターネットでの配信提供を行なっておりません。いかなる音楽著作権管理事業団体・企業(JASRACやJRCなど)も、この音楽の使用を許可出来る契約関係にありませんのでご注意下さい。また、音楽著作権を侵害する違法なアップロードやダウンロードは、権利者の親告により処罰されますのでご注意下さい。







【 風のヨーガのアーサナ解説 】


  1   呼吸法
  2   首のほぐし
  3   手首、指先のほぐし
  4   足先のほぐし
  5   バッタ・コーナ・アーサナ
  6   ジャーヌ・シールシャ・アーサナ
  7   アルダ・マッチェーンドラ・アーサナ
  8   ブジャンガ・アーサナ
  9   アドームカ・シュヴァーナ・アーサナ
 10  ウッティタ・バーラ・アーサナ
 11  ヴァジュラ・アーサナ
 12  ターダ・アーサナ
 13  プラナーム・アーサナ
 14  ハスタ・ウッターナ・アーサナ
 15  ウッターナ・アーサナ
 16  アシュヴァ・サンチャラナ・アーサナ
 17  アドームカ・シュヴァーナ・アーサナ
 18  アシュターンガ・アーサナ
 19  ウールドヴァムカ・シュヴァーナ・アーサナ
 20  アドームカ・シュヴァーナ・アーサナ
 21  アシュヴァ・サンチャラナ・アーサナ
 22  ウッターナ・アーサナ
 23  ハスタ・ウッターナ・アーサナ
 24  プラナーム・アーサナ
 25  ターダ・アーサナ
 26  呼吸法
 27  スプタ・マッチェーンドラ・アーサナ
 28  シャヴァ・アーサナ










【 夢生活カウンセリングセンター 西山レビュー 】


 唐突に何んの音だろうか? と思った。それは、まるで生活の中で警告を発する音のようだ。眠りを醒ます目覚まし時計の音。火事やガス漏れ、不法侵入を感知する警報機の音。調理の出来上がりを告げる電子レンジの音。 ── これらは、取りとめもなく何かに捉われている時間の流れを止める音。
 或いは、生命の誕生を歓ぶ音。愛の証を誓う音。死を暗示させる真息の音。── これらは、人の命の期限を報らせる音。

 この世の世界では、虚しく区切られた期限がつきまとう。気付かないで過ご している日常にも、いつか期限が訪れる。知らない間に近づいている期限に厳しい警告を鳴らす音から、このアルバムは始まる。

 ところで、“千億祥也”って誰? 誰って、千億祥也は千億祥也なのだが、“誰”って云う言葉には、“何者”って云う意味が込められている。 “ヒーリング”の好きな友人に訊けば、「知らないな〜」と云う人もいれば、「え? 千億祥也を知らないの?」と、逆に驚かれたりもする。
 私自身、ヒーリングやクラシックには詳しいと思っているのだが、千億祥也は、特殊な感性のアンテナを持っている人にしか受信出来ない、どこか不思議な電波を発している作曲家のように思える。

 『泥の沼に咲く白い蓮華』の始まりの警告の音のように、日常とは全く異なった世界で流れている大切な時間の期限を、絶えず報らせている作曲家なのだろうか? もしかすると、これがヒーリング・ミュージックの一つの究極なのか もしれない。──

 不意に、“風のヨーガ” の発売日近くになって、作曲者から予言詩のような興味深い曲目リストのメッセージが、私の手許に届いた。当然、CDの解説書には間に合うはずもないので、この場を借りて紹介させて頂く。


《 風のヨーガによる5曲の音楽的予言/千億祥也 》

■第1曲 『泥の沼に咲く白い蓮華』 = 心の安らぎを失った者が、突然この音楽の始まりを聴くと、慌てふためいて音の原因を探し回るだろう。
■第2曲 『風の馬(ルンタ)』 = 近い将来、悟りを成就する器である者がこの音を聴くと、私の作品であることを知らずに、誰の音楽かと尋ねるだろう。
■第3曲 『黄金の華の秘密』 = この音の美しさにひと時でも魅了される者は、神聖な世界の入口に聳える光り輝く門の前に立つだろう。
■第4曲 『結合(コニウンクチオ)』 = 人に生まれてもなお、重い宿業(カ ルマ)を背負う者には、この音楽の演奏は間違いだらけの不快な音に聞こえるだろう。
■第5曲 『風に乗って太陽に向かう魂』 = この音によって宇宙同体にたどり着けない心の葛藤を感じる者は、過去・現在・未来の時を超えて、生きとし生けるもののために、救世の法を開示する者となるだろう。


 作曲者によれば、これらのメッセージには宗教的な集団形成の意図はなく、音楽の作用(はたらき)としての現象と現実が、ただ速やかに成就するだけの錬金術的な世界を、ユングとヴィルヘルムが著した注釈集、『黄金の華の秘密』のモチーフによって、鑑賞者の個々の内面に美しく体験させると言う。

 今日の日本のヨーガ・ブームに乗じて、ヨーガが、ボディーワークや肉体の即物的な健康維持に終始するカリキュラムによって指導されているのに対して、このCDは、真実に古代からの伝統ヨーガの理念の復興を、音楽によって実現した。
 それは、シャヴァ・アーサナからはじまるヨーガの神髄であり、聖なる秘密の法灯である。このヨーガ音楽こそ、数千年の永きに亘って現代に語り継がれることがなかった 『風のヨーガ』であり、『夢のヨーガ』であり、『クンダリーニ(炎)のヨーガ』であり、『虹のヨーガ』であり、『星のヨーガ』である。

 そして、これらのヨーガ音楽のアーサナの解説を担当している講師が、ロハスな暮らしの実践的な体現者として信望を集めている舞島杏香だ。
 〜ボディーワークからマインドセラピーへ〜 本作が優れた鑑賞者によって、ヨーガに新しい波をもたらす芸術作品として成長していくことを期待したい。  




●●●●●●●●●●●●●●●●●
                    



【 ライフサラダ 舞島レビュー 】


 C.G.ユングの心理学の重要なテーマの一つである“アクティヴ・イマジネーション”は、錬金術や神秘思想と密接な関わり合いを持っている。特に、ヨーガをはじめとする東洋の密儀や神仙思想の体系は、ユング自身による翻訳テキストや解説が世界的に広く知られている。呂厳の名著『黄金の華の秘密(太乙金華宗旨)』や秘密仏教に代表される東洋の風の錬金術の集大成とも云うべきこの斬新な音楽は、私が監修したアーサナをベースに、悟りの境涯を段階的に修得していくヨーガの奥義を体験芸術として提供している。

 また、“神秘音楽の父”と呼ばれて尊敬されている作曲家の千億祥也先生が、この作品だけに付与した5曲の音楽的予言は、はじめて神秘音楽に出合ったリスナーの驚きと、肉体が久しく忘れていた霊的生命の歓びを呼び起こし、深い心の葛藤から聖なる世界の扉を開いて、人間が本来到達すべき解脱の境涯へと導く。「心の浄化」→「体外離脱」→「風の錬金術」→「神人合一」→「太陽讃歌」に象徴される宿業(カルマ)の克服のプロセスは、鑑賞マナーに則したヨーガの実践によって、リスナー自身が魂の向上を果たせるように配慮されている。

 こうして完成を見たこの《風のヨーガ》〜『黄金の華の秘密』による音楽 〜 のCDは、すべてが素晴らしくなる音楽シリーズのYoga Item (シャヴァ・アーサナからのヨーガの奥義)に分類される記念すべき最初の作品となった。是非、一人でも多く、この音楽の至福の宇宙を体験していただきたいと思う。